乳児湿疹の原因を解明しましょう|悪化させないために

複数用意しよう

手

使いやすさで選ぶなら

赤ちゃんが生まれれば、哺乳瓶が必要になります。現在ではさまざまなメーカーから、販売されています。選ぶ基準としては、哺乳瓶は一日のうちに何度も利用しますので、使いやすいかどうかで判断していきます。消毒しやすくかつ持ちやすいものがいいです。また、手頃な大きさものを購入するとよいです。一度に多く飲まない赤ちゃんもいますし、大きいものだと取り出すまでに時間がかかることもあり得ます。一つの哺乳瓶ですませるのではなく、複数用意しておけば慌てる必要がなくなります。赤ちゃんによっては、哺乳瓶の乳首が気に入らないと飲んでくれないケースもあります。さまざまな種類がありますので、使い分けていくことも必要です。慌てて選ぶのではなく、検討してから決めれば問題ないです。

材質を理解しておく

哺乳瓶の材質には、プラスチックとガラスがあります。それぞれ違いますので、必要に応じて利用してみるとよいです。プラスチック製の哺乳瓶は、落としても壊れにくいですがミルクが冷めにくいです。急いでいる時は使わないほうがいいです。ガラス製の哺乳瓶だと、衝撃に弱いので壊れやすいですが短時間で冷えることが分かっています。入手しやすいからといって、プラスチック製の哺乳瓶だけにせずガラス製も用意しておけば便利です。ミルクは熱すぎても冷たすぎても、赤ちゃんは飲んでくれません。適切な温度にするためにも、哺乳瓶をきちんと選ぶことです。あとは、飲みやすいように哺乳瓶の角度にも気をつけていけば、赤ちゃんはきちんとミルクを飲んでくれます。